うだがわカイロプラクティック杉並区荻窪整体院

背骨のゆがみ(背骨のずれ)と痛み:神経・構造的バランスの問題

背骨のゆがみと痛み

関節のゆがみから生じるつらさ

腰椎:椎間孔と神経 人間は脳は脊髄や神経を通して命令を流したり、逆に末梢から情報を集めたりしています。 脊柱の上下の椎骨の間で作られる椎間孔という穴から脊髄神経が出ていますが、 椎骨のずれ(背骨のゆがみ)によって 椎間孔が歪んだ状態(カイロプラクティックではサブラクセーションと呼びます。)になると、 腰痛肩こりを感じたり、 手や足に痛みやしびれを感じることもあります。

病院で医師による診察を受けて「特に異常が無い」と診断された場合は、 このような背骨のゆがみによる痛みの可能性があります。 このゆがみによって、以下の様な問題を起こすことがあります。

神経の問題

怪我の痛み 神経の興奮が大脳皮質に到達すると「痛み」として感じます。 例えば、怪我をしたときにはその傷口が神経の興奮の元になります。 傷の近くにある末梢神経がこの痛みを神経の興奮として知覚神経や脊髄、中枢神経系を通じて脳に送ります。 脳はこの神経の興奮を「痛み」として感じるのです。

神経根の痛み ところが、神経路の途中で何らかによって神経が興奮したときも、 その神経の末端の痛みと感じます。 神経根を何かが圧迫したりすると、神経を通じて末梢神経に伝わり末端に痛みを感じるようになります。 例えば、腰椎の神経根に何かが圧迫したりすれば、坐骨神経を通じてその先にある脚の末梢神経に神経の興奮が伝わります。 この神経の興奮が脚から知覚神経を通じて脳に送られるため、脚が痛いと感じるようになります。

構造的バランスの問題

生理的弯曲 人間の脊柱は生理的彎曲という横からみて緩やかなS字状の曲線を描きます。 首は前方に凸のゆるやかなカーブを描き、背中は後ろが凸になるようにゆるやかにカーブし、 背中の下部から腰にかけてはまた前方に凸になるようにカーブしているのが理想です。

前後から見れば左右均等でまっすぐな状態が理想です。 背骨のゆがみがあるとと生理的彎曲が維持できなくなり、 前後左右に部分的に無理な姿勢を自然と取ってしまいます。 その無理な姿勢が腰痛肩こりのような筋肉のコリを生み出したり、 いろいろな症状に関係することもあります。

背骨のゆがみによる痛みを解消するには

背骨の関節がゆがむことで、上記のような神経的な問題や構造的バランスの問題が起こります。 これらの問題をカイロプラクティック(整体)によって解消することが背骨のゆがみによる痛みを解消する方法となります。

背骨のゆがみを解消するには、 背骨のゆがみの検査カイロプラクティックの検査を行い、 カイロプラクティック(整体)による矯正が最も効果的であると当院は考えます。

以上は一例です。全ての背骨の痛みがこのような背骨のゆがみが原因になるものではありません。 まずは病院などで医師の診察を受けることが大切です。

名称と所在地

うだがわカイロプラクティック杉並区荻窪整体院
東京都杉並区荻窪5-12-17
トーハンマンション1F