うだがわカイロプラクティック杉並区荻窪整体院

肩こりの原因と背骨のゆがみの関係

肩こりと背骨のゆがみ

肩こり・首のこりとは

肩こりは首から肩(僧帽筋の周辺)にかけての不快感、重圧感、こり感や、痛みを示します。 医学的には筋肉の過労による疲労物質の蓄積や、筋の異常緊張などによって起こるとされています。 肩こりはなぜ起きるのかというのは、医学的には明らかにされていません。 したがって、病院ではでは対症療法や保存的療法が行われます。

肩こり・首のこりの原因

肩こりや首のこりの多くは、日常的な悪い姿勢によるものです。 人間の頭部は5kgの重さがあると言われていますが、 頭の重心が正しい位置から外れたまま長時間過ごすことによって、 肩から首にかけての筋肉に負荷がかかっているのです。

頭が体の前方によっている 日本人の多くは背中を丸くしている人が多いのですが、 それによって頭が体に対して前に移動することで重心が前方によります。 前に移動した頭はそのままでは前方に倒れてしまいますので、 首の後ろから肩にかけての筋肉を緊張させることによって、その位置を保持しています。

そのため頭を支えるために緊張した筋肉は、血行が悪くなり疲労物質が溜まりやすくなります。 血行が悪いことから、酸素が足りなくなるので鈍い痛みとなって現れます。 この状態でいると肩や首が重くつらくなって、肩こり・首のこりの状態になってきます。

一時的に筋肉を疲労させているだけの肩こりなら、休養を取れば徐々に楽になるはずです。 また、運動したり揉んだりすることによって、血行を促せば肩こりが楽になる場合もあります。 しかし、一晩寝ても治らない、運動したり揉んだりしても一時的には良くなることはあっても、 またすぐ悪くなってしまうという肩こりや首のこりの場合には、一時的な筋肉の疲労では無いと言えます。

肩こりの原因は何というように一概に限定することはできませんが、 姿勢が悪くなって良い姿勢になれないことが原因となってる場合が多くあります。 一つには関節のゆがみのために、正しい位置に頭を戻せなくなっているのです。 正しい位置に頭を戻せないために、常に肩や首の筋肉を緊張させているため、こりとなっています。

また動きが悪い関節のまわりの筋肉は、充分に動かすことが出来ません。 筋肉を動かすことによって血液の循環を充分に行うことができないために血行が悪く、 肩こり・首のこり特有の鈍い痛みを覚えることもあります。 また、首の関節の動きが悪い場合、寝違え(寝違い)を起こしやすくなります。

カイロプラクティックによる肩こり・首のこりの解消

カイロプラクティック(整体)で関節のゆがみを矯正することで、 正しい姿勢をとる事ができるようになります。 すると、無理の掛かっていた筋肉の負担が無くなりますので、徐々に回復してきます。 また、固まってしまっていた関節が動かせるようになることで、 自然と血行が良くなり肩こり・首のこりが解消できるようになります。

名称と所在地

うだがわカイロプラクティック杉並区荻窪整体院
東京都杉並区荻窪5-12-17
トーハンマンション1F

杉並区荻窪で肩こりの解消を始め、各種の症状の解消を目指したカイロプラクティック専門の整体院です。